プラントでの仕事内容や現場のエンジニアに必要とされるスキルとは?


プラント設計から保守まで幅広い業務を任されることも

プラントでの仕事は、専門的な技術が要求され、国内外にある様々な工場内で活躍の場が広がっています。エンジニアに必要とされるスキルは会社ごとに違いがありますが、エンジニアの数が不足している現場においてはプラント設計から保守まで幅広い業務を任されることもあります。一方で、大手の人員に余裕がある工場においては、一人ひとりのエンジニアの経歴や得意分野によって、業務内容が細分化されているところもあり、スキルアップの観点から大きなメリットがあります。そうした中、プラントでの業務内容にこだわって職場選びをしたい人は、時間をかけて気になるメーカーの職場見学会に顔を出したり、現役のエンジニアにアドバイスをもらったりするのがおすすめです。

大規模工場の設計に携わった人は高待遇で働けることも

過去にプラントのエンジニアとして大規模の工場の設計に携わった経験を持つ人は、国内の多くのメーカーで高待遇で働くことが可能です。特に、理系の機械関係の大学院を修了した人や、海外での生産設備の設計のキャリアが長い人については、転職後に大幅な収入アップを目指せるケースが珍しくありません。そのため、プラントの設計や運用などのスキルに自信がある人は、時間をかけて自分のスキルを正当に評価してくれる職場を探し始めると良いでしょう。なお、プラント内で同じような業務を担当する場合でも、勤め先によって待遇面が大きく異なることもあるため、妥協することなく慎重に就職先の候補を決めることがポイントです。

プラントエンジニアリングは、工場設備一式を整備することが出来る技術者です。つまり、工場内にある機械類や計器類、設備類の設計やメンテナンスなどを行います。