どんな仕事なの?プラント施工管理の仕事とメリットデメリットについて


プラント施工管理の仕事内容とは?

プラントとは、工場や生産設備一式のことをいいます。プラント施工管理の仕事内容は、主に4つで、1つ目は工期のスケジュール管理や作業工程のリスク管理、原価管理などです。プラントでは設置する機械が高額になるものが多いため、特に原価管理が重要視されています。2つ目は、プラントの設計や製造です。作業を専門のエンジニアと進めていくこともあります。

3つ目は、設備や製品の検査です。プラント施工管理においては設備が正確に稼働しているか、製品に不良品が混じっていないかが重要となります。設備に関する知識だけではなく、製品の製造技術に関しての知識も必要です。4つ目は設備の試運転とメンテナンスです。プラントの建設が終わると、設備の試運転をおこないます。また、試運転が完了し問題なくプラントが稼働した後のメンテナンスも、施工管理の仕事です。

プラント施工管理の仕事のメリットデメリット

プラント施工管理の仕事のメリットは、給料が高いことにあります。プラントは基本的に規模が大きく、建設には莫大な費用が動きます。場合によっては長期的なプロジェクトにもなり、プラント施工管理の仕事は同年代の人に比べて高給であることが多いです。また、自分が関わった仕事が後世に渡って使われ続け、仕事に対して誇りを持てることもメリットとなります。

プラント施工管理の仕事のデメリットは、忙しいことです。多くは朝7時頃から勤務し、日中は現場を巡回して危険がないかなどを確認。問題があればその都度対応し、職人さんが帰る17時以降も大量の書類作成の仕事があります。また、作業状況を記録するためのカメラ撮影もおこない、時には1日に100枚以上撮ることもあります。

プラントの施工管理に最低限必要なものは、施工管理の中で一般的な「安全管理・品質管理・工程管理・原価管理」についての知識です。基本をおさえたうえで、業務内容によって必要に応じた専門的な知識を習得します。